2021年4月5日月曜日

2021年春 「いのちとみそ」増刷キャンペーン



2021春

「いのちとみそ」増刷キャンペーン


 〜オーダー募集します!〜





「味噌をつくりたい。」


「味噌を作れる「場」をつくりたい。」


そして


「味噌を作る人達の、つながりをつくりたい。」


そう思って、味噌についての色々なことをまとめたブックレットを作りました。


「いのちとみそ」http://inochitomiso.blogspot.com/


このブックレットは、味噌をつくり始めた人や、手づくりの味噌に関心を持っている人に、

みそについての話をハンドブックサイズでお届けしたいと思って作ったものです。





僕は2020年春から、コロナパンデミックによって、本を販売する場を作ることや、

製本・発送を皆でやるための場(作業所的なもの)を作ることも、諦めていました。


しかし、この2ヶ月ほどの間に、何人かの方々から「いのちとみそがほしい」という声をいただき、

このブックレットの増刷することを検討しています。


何人かで集まって製本の作業をするための場作りも、再開したいと思っています。


ブックレットの印刷には、おそらく500部で10万円、1000部で20万円くらいのお金と、

その本を製本して、発送するための場が必要になってきます。


このチャレンジを、お金や時間、一緒に作業するエネルギーだけでなく、

「相乗りしたいです」

「受け取って販売したいです」

「知り合いに配りたいです」

という声をもらいながら進められることで、心理的にとても前向きにやっていける氣がしています。








◎いのちとみそ2021春の増刷キャンペーンの内容◎



4月16日までに販売予約をいただいてて、4月中に1000部ほど印刷して、順次製本してお届けします。


この機会に購入をいただいた方々を対象に「いのちとみそオンライン朗読&交流会」も開催します。


この取り組みが、「いのちとみそ」を通じた、ご縁づくりのきっかけになったら幸いです。



◎キャンペーン販売価格

10冊以上お買い上げの場合、1冊=300円にします。


☆送料無料です。


☆ブックレット『ウランとみそ汁』を合わせてご注文される場合は、そちらも1冊=300円にします。


ウランとみそ汁』https://urantomiso.blogspot.com/


☆「いのちとみそ」+「ウランとみそ汁」=10冊以上でもオッケイです。



◎オンライン朗読・交流会 (参加費無料)


キャンペーン期間中にオーダーを頂いた方々を対象に、無料の朗読・交流会を開催します。


いっしょに読み、地域を越えたつながりを育む機会となればと思っています。


ブックレットを手にされたみなさんがどのように活用されているか、

みなさんの周りの”みその輪”について、みそへの想いなどなど、語り合えたらと思います。


☆本を50冊仕入れて、その本を50人に売ったら、50人全員にURLをシェアしてかまいません。


☆6月、7月の新月前日(みそか)の日中に開催予定。2回参加も歓迎です。


☆開催日が決定次第、ZOOMのURLを送ります。





◎ブックレットお届け予定

製本・発送のペースは1ヶ月に200部〜400部の予定です。

製本ができ次第ご注文順に発送しますが、希望のお届け時期がありましたらお知らせください。

発送時期が見え次第ご連絡します。



◎ご入金時期について

できれば印刷に入る前(増刷が決定した後)にご入金いただけるとありがたいですが、商品お届け後のお振込みでも構いません。ご入金希望時期がありましたらお知らせください。



◎お申し込み方法

①メール

fukishobo@gmail.com

(まずはお名前、希望冊数をお知らせください。冨貴書房スタッフよりお返事させていただきます。)

②申し込みフォーム

https://forms.gle/WttyNyck4ZkkHP5H8

(わかる範囲でご記入ください。後日メールでご連絡させていただきます。)


※印刷作業の都合上、4/16までにご注文いただけると助かります




◎本の内容はこちら


『いのちとみそ』

http://inochitomiso.blogspot.com/


ウランとみそ汁』

https://urantomiso.blogspot.com/









おまけ記事:2021年春の増刷にあたって思うこと


「暮らしの中に仕事を作っていきたい」


「畑や田んぼや、マーケットや作業所を共同で作っていくように、

メディアづくりの場も、自分たちの身の回りに作っていきたい。」


コロナ禍の影響で人と会いにくなった今も、そう思っています。


ホチキスどめ、封入作業、郵便局まで子供と散歩して、投函。


何人かで家に集まって、手を動かして、

皆でおかずを持ち寄ってご飯をしたり、

子供の世話を交代でやったり。


いわば家内制手工業の再生。







染めやみそづくりはハードルが高い、という声を聞くことがあります。


手足が不自由な人にとっても、小さな子どもを持った人にとっても、

もうちょっとハードルが低めな共同作業が、製本・発送だと思っています。


つながりの中で、働き、学び、遊ぶ。


暮らしと仕事の間にある境界線を横断しながら、

助け合い、支え合いながら、大事な事を伝えていけたらと思っています。


印刷はみそ作りと似ていて、ちょっとずつ作るより、ある程度まとまった数を作ったほうが効率がいいです。



一人で作るよりみんなで作るほうが、一人への負担が少なくて済むところも似ています。



2020年の1年間は、イベントやワークショップはもとより、人との交流の機会そのものが激減したことで、僕は「核家族」的な状況を乗り切ることで精一杯になっていました。


家事、仕事、家と工房の行き来をしながら、社会情勢の変化の波に対応することで精一杯でした。


そうやって、製本のために人を集めることも、本の宣伝も販売もほとんどせずに過ごしていたのですが、最近まとまったオーダーを何件かいただき、在庫を見てみたらゼロになっていることに気づきました。


1年間籠もってきた僕ですが、これを機に、腰を上げて、仲間に呼びかけて製本・発送のチームづくりを再開していきたいと思っています。






「1キロ味噌買うよ」


という人が100人いたら、100キロの味噌が仕込める。


昔のコミュニティの味噌蔵は、そんな風に、つながりの中で営まれていたんじゃないかな、と思っています。



おいしいものを、みんなでつくっている感覚。


みんなでわけあっている感覚。


データの時代と言われている今だからこそ、手触りのあるものを、手で束ねて、お届けしたいと思っています。


冨貴書房 冨田貴史 拝










2020年4月22日水曜日

『ウランにまつわる13章』(プロトタイプ版)販売開始♫


冨貴書房ブックレット 03

『ウランにまつわる13章』
(プロトタイプ版)
⭐︎おまけテキスト付き



この本は、ウラン生誕から人間と出会っていくまでを描いた物語です。


そして、ウランと向き合ってきた人たちの知恵や経験を紹介しています。


お買い上げはこちらから
冨貴書房オンラインショップ
⭐︎内容の一部⭐︎

・広島で被ばくして、92歳まで現役の医師を続けた肥田舜太郎さん
長生き運動。
よく噛むこと。


・酵素の働きと健康
消化酵素、代謝酵素。
酵素を助ける暮らし。


・チェルノブイリ事故後に、現地で診療を続けたバーナード・ジェンセン
腸を整えることの大切さ


・腸内細菌の働き
栄養の分解、分配。腸内環境の調整。など。


・食物繊維の働き
腸内細菌の餌になる。腸の動きをよくする。など。


・広島で原爆投下後に診療を続けた秋月辰一郎さん
体質と食べ物の関係。
みその働き。


・放射能とみその関係や、みそについての研究を紹介


・放射能と向き合う13の提案
おなかをあたためる
よく噛む
消化を助ける
食物繊維、ミネラルの大切さ
黒焼きや炭のよさ
こんにゃくシップ
保養活動の紹介
など


文 :冨田貴史
校閲:守田敏也
出版:冨貴書房
全52ページ
定価:500円(税込み)

■まとめて購入の方
・10冊〜29冊購入の場合  350円/1冊
・30冊以上購入の場合   300円/1冊

⭐︎10冊以上の購入を希望される場合は、ご連絡ください。
fukishobo@gmail.com(冨貴書房/冨田)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⭐︎ プロトタイプ版とは ⭐︎
プロトタイプ=後での改良を見込んで、その仕事をする大筋として作る最初の模型。
この時点で読んでもらうことで、呼吸のように作品に空気が入ってエネルギーが動くこともある。


⭐︎ NOW CREAITING!! ⭐︎
この本の内容に、イラストや図を入れたデザイン作業を進めています。
仕上がりは未定ですが、徐々に進んでいます。
こちらもお楽しみに!

2020年2月18日火曜日

Fukikobo: イベントスケジュール

Fukikobo: イベントスケジュール: それぞれのお申込みは、 ・冨貴工房メール(fukikobo@gmail.com) または ・ お申込みフォーム からお願いします。 2月22日 鉄火味噌作りワークショップ 時間:10時〜16時半 参加費:4000円 (...

2020年1月22日水曜日

いのちとみそ新春キャンペーン始めます

和暦の年の瀬に合わせて、いのちとみそ新春キャンペーンを行うことにしました。

きっかけをくれたのは須賀和さん。

須賀和プロフィール:
ビジネスプロデューサー&マーケター
得意技は、相手の話を聞いて全体像をつかみ
次のステップを見い出して促すこと。
興味深く価値ある何かを知的好奇心から探求していくのが趣味。
レイキティーチャーでもある。

和(ヤマト)さんは、僕の冨貴工房と冨貴書房の活動や家事との両立や、友人のやっているプロジェクトや環境活動に関わる中で混乱しかけていた頭を整理してくださいました。
とても親身に聞いてくれるだけでなく、アドバイスをくれるだけでなく、一緒に考えて動いてくれる仲間と思わせてくれる温かみにあふれる人です。
おかげで僕は今少しずつ、自分の活動の全体像を掴むことや、具体的に何をしていけばいいかについて、おぼろげながら見えてきつつあるように感じます。

そして今、大切にしたいものは「いのちとみそ」だということに改めて気づきました。

この本をぜひとも、沢山の人達の読んでほしいと思っています。

そして広めてほしいです。

そして、そのための配慮を出来る限りしていきたいです。

そのために、今回、電子版の配布と、朗読音声のシェアを始めました。

・・・・・・

「いのちとみそ」和暦年越しキャンペーン

・・・・・・

以下は、少し長い「いのちとみそ」が生まれてからの物語です。

もし時間が在る方がありましたら、ぜひ読んでみてください。

・・・・・・・


冨貴書房を立ち上げ、第一弾ブックレットして「いのちとみそ」をリリースしたのは2018年8月のことです。

そしてこの時期は、第一子を授かったお産の直後でもありました。

大量な出血を伴う帝王切開でのお産だったこともあって、数ヶ月は家事と介護と子育て中心の日々でした。


これが産前最後の執筆になるだろうと思っていましたし、お産後は生活が一変するだろうし、今までやってきた活動が全くできなくなるかも知れないことも覚悟していました。

そんな中で、自分が大事だと思うことを書き残したいという思いが強まり、「最後に書くならどんな本を書こうか」と考えて、この本を作りました。 

僕はこの本を通じて「どこかからやってくるものではなく、自分たちの手で創造していくものだということ」「希望は皆で一緒に作って、分け合っていくもの」ということを表現できたらという願いを持って作りました。




繰り返しになりますが、産後はそれまでやってきた各地でのワークショップや、冨貴工房でのモノ作りを出来る時間は一気に減るだろうと覚悟していました。

そんな中でも、社会や地域のために出来ることは、と考えた時に「執筆」と「出版」の道を選ぶことにしました。

本当は、お産の前に、製作を完了させて、販売、宣伝なども十分にやってからお産を迎えたかったと思っていました。

しかしながら、本のお産というのも、なかなか大変なもので、実際は、産前産後の怒濤の日々の中でのリリースという運びになりました。




↑お産の前日までイラストを書いてくれたエリ。


エリには、子供が生まれた後に「〇〇ちゃんのお母さん」というアイデンティティに染まってしまうことなく、独立した一人の女性として生きていてほしいという願いから、イラストを描くことを依頼しました。



そして、この本が世に出るのを助けてくれたのは、装幀、入稿をしてくれた川邉雄くん(inteli punk)やあらたま◎農藝舎の根津耕昌くんを始めとする制作陣。

そしてこの本は、

「手仕事、共同作業を目指すなら、製本は自分たちでやったほうがいい」

という川邉君からの提案を受けて、すべて手製本で創っています。

そうすることで、本だけでなく、人のつながり、共同作業の場、そこでの有意義な対話、そこに子供を連れてくると製本に来た人たちが交代で見てくれるという「託児込み共同作業」が生まれます。

この空気感は、まさに僕が願っていたものでもあります。

オンラインでのつながりもステキですが、人と人が実際に集って、何かを生み出す。

みそを作って分け合うように、本をつくって配っていく。

そういう文化を育てていきたいと思っています。



製本、発送を一緒にやってくれているたくさんの仲間のお陰様です。





そして「まとめて仕入れて、広めます」

と言ってくれる人たちのお陰様。


本当に、そのひとつひとつの、お陰様で今があります。


そしてようやく今、産褥期間も後半に差し掛かり、腰を落ち着けて、この本の宣伝をしていけるという気持ちになってきました。


そんなタイミングで新年を迎えますので、お礼と感謝を込めて、キャンペーンをします。

和暦の節目は大晦日(おおみそか)。

全国味噌工業協同組合連合会(ながい!)のホームページを見ると「毎月三十日がみその日」とありました。

三十日は古くは「みそか」と呼びます。

もともと月の暦を使っていた頃の「みそか」は新月の前日であり、月の最終日です。

そして年の最期の日が大晦日です。


和暦の節目のタイミングの、お歳暮とお年賀の気持ちを込めて、「いのちとみそ」電子版を贈らせていただきます。

以下が、キャンペーンの内容です。


「いのちとみそ」電子版無料プレゼント

◎贈呈期間 
1月22日〜2月23日 
和暦:師走三十日(大晦日)〜睦月三十日(晦日)




◎冨貴書房ブックレット01「いのちとみそ」
電子版ダウンロード申し込みフォーム
https://forms.gle/7s39BfvwuhM4PqTVA
※お申し込み頂くと、ダウンロードのためのURLの案内メールが届きます。


◎ブックレット『いのちとみそ』はこちらから購入頂けます。
ブログ http://fukishobo.blogspot.com/
メール fukishobo@gmail.com
(※取扱店も募集しています)


◎今後「いのちとみそ」を朗読して解説する音声データをアップしていきます。
「いのちとみそ朗読01」https://soundcloud.com/kobo-fuki/01mp3


今後ともどうぞよろしくおねがいします!

冨田貴史 拝

2019年9月2日月曜日

冨貴書房ブックレット02「ウランとみそ汁」発売中








冨貴書房ブックレット 02
『ウランとみそ汁』

文:冨田貴史
絵:冨田栄里、川村若菜
装幀:川邉雄

全44ページ
定価:500円(税込)



2019年8月9日に完成しました。
絶賛、ご注文承っています。


◎1冊ごとの価格
1〜9冊=500円 
10冊〜29冊=350円 
30冊以上=300円 
※それぞれ送料は無料です。


◎メールでのお問い合わせ
fukishobo@gmail.comにメールをください。
メール件名に「ウランとみそ汁希望」と書いていただければ、
本文がなくてもお返事をさせていただきます。

ご購入を希望される方の申し込みフォームにご記入ください。
https://forms.gle/yyuKBHf4z7vU16aP9

◎冨貴書房the BASEでの購入
こちらで販売しています。
https://fukishobo.thebase.in




◎この本をつくったいきさつ

冨貴書房ブックレット02のタイトルを「ウランとみそ汁」として、原稿を書き上げました。

この本は、ウランが生まれてからの歴史、微生物が生まれてからの歴史、人とウランの出会い、人と微生物の出会いと、これからについて書いたものです。

そして、ウラン爆弾が投下された後の広島や長崎や、原発事故後のチェルノブイリ周辺でみそ汁が取り入れられてきたという事実にスポットを当てています。

中央味噌研究所や広島大学でおこなわれて実験結果や、みそ汁を養生食としてたしなんできた伝統文化についても紹介しています。

ウラン、放射能、微生物、みそ、そして私たちの未来に向き合っていく助けになればと願っています。

ここに書いたことは、広く誰にでも読んでいただきたい内容です。

福島第一原発事故後、「◎◎は放射能対策になる」ということが語りづらい空気が広がっているように感じます。

その理由の一部はよく理解できます。

放射能から身を守るために、もともと「避難したほうがいいのでは」と思っていた人が「◎◎を食べていれば大丈夫」という言葉を聞いた後、その言葉を暗示のように信じ込んで、避難をやめる、ということが起こることを危惧する、という話を聞いたことがあります。

情報を暗示として受け取ることは危険ですし、広める際もここに細心の注意を払ったほうがいいでしょう。

一方で「放射能は人体に影響を及ぼさない。よって放射能対策は必要ない。」というスタンスから、あらゆる放射能対策の効果を否定するという動きもあるようです。

そのことが影響して「放射能から命を守るために、どんな暮らしをしたらいいのか」ということを話題にすらできない、という話をよく聞きます。

それでは、言論の自由が奪われた世界のようです。

わからないからこそ、考える。

わからないからこそ、話し合う。

わからないからこそ、試してみる。

そのための一助になるようになるものを書けたらと思って作ったのがこの本です。

「わからないことがあったら本を書け」という言葉があります。

「みそは絶対に放射能対策になる」と言い切れなくても、そのことについて語っていい、という空気を作る一人になれればと願っています。


2018年11月23日金曜日

冨貴書房ぬり絵 01 Coloring Book『LIFE is COMPOST』発売!

冨貴書房ぬり絵 01
Coloring Book『LIFE is COMPOST』





著:川村若菜 

12ページ 
定価:500円(税込)



11月26日に製本・発送を開始しました!

ご注文お待ちしています!


☆みんなでぬった絵を載せあうフェイスブックグループはこちら☆
Coloring Book「LIFE is COMPOST」



Coloring Book「LIFE is COMPOST」を買う方法


 1 注文フォームに記入する

 2 メールで注文する
 fukishobo@gmail.com
(希望部数、受け取り希望住所とお名前を明記ください)


 3 ネットショップで買う
 ネットショップを開設予定




1冊ごとの価格
1〜9冊=500円 
10冊〜29冊=350円 
30冊以上=300円


支払い方法
ゆうちょ口座にお振込みください。
支払いは到着前でも到着後でも構いません。


お支払い口座
ゆうちょ銀行 14180-59884901 トミタタカフミ 
(四一八支店 普通口座 5988490)


ご不明な点などございましたら冨貴書房までご連絡ください。


■冨貴書房■
fukishobo@gmail.com(担当:冨田)


・・・以下はエピソードや、本の背景の紹介です・・・




このぬり絵の絵師は、「みんなのちきゅうカタログ」でイラストを描いている川村若菜ちゃん。

■『WAKANA KAWAMURA』ホームページ






若菜ちゃんは、パーマカルチャーやサステナビリティを通じた交流のために、1128日から台湾に行くことになっていました。

その旅に持っていけるようにと思って、このタイミングで作ろう!ということになりました。

今、装丁家の川邊君が、表紙から裏表紙までの編集、デザインをしてくれています。

紙の大きさはA5

紙は、ちょっと厚めで表紙込みで12頁。

11月26日に印刷が仕上がって、冨貴工房から徒歩圏内にある印刷所(レトロ印刷JAM)に、印刷された紙を取りに行って、その日に工房で製本して、若菜の元に届けようとしています。(届きました◎)

インクを作ったり、紙を作ったりはできませんが、紙の受け渡しや、製本など、できるかぎりのことを、自分たちの手でやっていきたいと思います。

そして、このぬりえは、みなさんに色を入れてもらって完成です♪




絵師と、書房と、受け取った皆さんによる、コラボレーションアート♪


そして、ぬった絵をあげあうネット上のギャラリーを作ろうと思います。
(作りました◎)

■FacebookGroupLIFE is COMPOST


ぜひお買い求めいただき、一緒にぬりぬりしましょう!





■川村 若菜
イラストレーター&パーマカルチャーデザイナー。
1984年兵庫県生まれ。
大学卒業後、神戸で看護師として働き出すも、アメリカの音楽&アートに魅了され、2008年、アメリカ西海岸に単身飛び出す。
渡米後、気づけば植物のトリコになり、造園学科でデザインを学び始める。植物学&デザインを学んでいる中、パーマカルチャーと出会う。
その後、サンフランシスコにあるUrban Permaculture Instituteに通い、都会を中心としたアーバンパーマカルチャーを学ぶ。
2016年日本に帰国後、食べれる森づくりを日本中で行う「Permaculture Design Lab.」の一味となり、ランドスケープデザイナーとして活動しながら、イラストレーターとしても仕事を始める。現在、千葉県いすみ市にて、日本の古き良き文化が根付いた里山暮らしの日々を探求中。発酵菌や土壌微生物など目に見えないものが大好きで、日々の暮らしで出会った「いのち」のお祝いをカラフルに描いている。


■冨貴書房ブログ
LIFE is COMPOST』最新情報はこちら!

■冨貴書房メール
お気軽にお問い合わせください◎

■Coloring Book「LIFE is COMPOST」ご注文はメールか、以下のフォームから◎